HOME > 製品情報 > ヒートバリアトップ

製品情報

ヒートバリアトップ

ヒートバリアトップは、遮熱を目的に開発された環境対応型トップコート材です。防水層表面の温度上昇をおさえ環境改善をもたらすとともに、防水層の耐久性を向上させます。


ヒートバリアトップの特長

1,施工性

パラテックス防水層及びウレタン塗膜防水材にプライマーレスで直接塗装できます。

2,遮熱性

太陽光を反射することにより、塗膜表面の温度上昇を緩和します。

3,環境対応

パラテックス防水各工法との組合せによりオール水性遮熱仕様の設定が可能です。

4,耐久性

ウレタンアクリルハイブリッドエマルションを使用しているため、長期に渡り防水層を保護します。




標準仕様

パラテックス防水層

工程 配合比 標準塗工量(kg/㎡) 施工方法 標準乾燥時間(20℃)
パラテックス防水層(A-1、C-1、C-VR-1、RB-C-VR-1)

①ヒートバリアトップ

主 剤 硬化剤
13 2
0~6%水希釈
0.15
刷毛・ローラー
吹付
3時間以上
②ヒートバリアトップ
主 剤 硬化剤
13 2
0~6%水希釈
0.15

24時間以上



既存ウレタン塗膜防水

工程 配合比 標準塗工量(kg/㎡) 施工方法 標準乾燥時間(20℃)
ごみ、汚れ、既存塗膜劣化部などをケレン、洗浄にて除去後、十分に乾燥させる

①ヒートバリアトップ

主 剤 硬化剤
13 2
0~6%水希釈
0.15
刷毛・ローラー
吹付
3時間以上
②ヒートバリアトップ
主 剤 硬化剤
13 2
0~6%水希釈
0.15

24時間以上
※事前に試し塗りを行い、必ず付着性を確認してください。
既存塗膜がシルバーペイント、フッ素樹脂系、シリコン樹脂系の場合は使用できませんのでご注意ください。



荷姿

ヒートバリアトップ

ヒートバリアトップ

水系遮熱型防水層保護塗料
ヒートバリアトップは、遮熱を目的に開発された環境対応型トップコート材です。防水層表面の温度上昇をおさえ環境改善をもたらすとともに、防水層の耐久性を向上させます。

●荷姿・容量 主 剤・13kg石油缶
硬化剤・2kg石油缶