HOME > 製品情報 > エポキシ防食

製品情報

エポキシ防食


パラテックスEP-ライニング工法

上水道施設の防食被覆工法。水系管理リスクを軽減。パラテックスEP-ライニング工法は、日本水道協会の品質基準に適合した、安心、安全な防食工法です。


パラテックスEP-ライニング工法の特長

安全性

無溶剤型エポキシで、施工時に有害ガスの発生、引火の恐れがなく、閉鎖性の高い環境下でも安全に施工できます。厚生労働省令水道施設基準、日本水道協会JWWA K 143(2004)に適合しています。

接着性

コンクリート構造物に対し、優れた接着性を有しています。

耐久性

上水道施設に使用される各薬品類からコンクリートを保護します。




パラテックスEP-GS工法
パラテックスEP-GSX工法

下水道処理施設の防食被覆工法。あらゆる腐食環境に対応したノンクロスエポキシ防食工法。耐久性に優れ、安全施工と、長期対応を実現します。


パラテックスEP-GS/EP-GSX工法の特長

接着性

安定した付着力が得られます。

耐久性

長期にわたり防食性能を維持します。

施工性

均一かつスムーズな施工が行えるノンクロス工法です。

安全性

無溶剤型材料を使用し、安全に施工できます。