HOME > 製品情報 > UR都市機構対応工法

製品情報

UR都市機構対応工法


パラテックスAP-UR工法

水性樹脂と無機質粉体から成る安全な防水材料〔パラテックス〕
通気緩衝シートの併用で下地の影響を緩和し、防水層の耐久性を向上します。


パラテックスAP-UR工法の特長

1.通気緩衝効果 防水層ゼロスパン伸び試験

防水層のふくれの原因となる下地の湿気を逃がします。
下地のひび割れに対しても防水層に緩衝効果を付与します。

2.耐久性 通気緩衝シート(APXシート)

柔軟性、 付着性に優れた防水材により漏水を防止します。
耐候性、 耐摩耗性に優れたトップコートで防水層を保護します。

3.低環境負荷

防水材はすへて水性材料で構成されており有機溶剤を含んでいません。
低臭気で周辺環境への影響がありません。


パラテックスAP-UR工法標準施工仕様

パラテックスAP-UR標準施工仕様

パラテックスAP-UR工法標準設計価格表

2019年4月現在

    工法名 価格(円/㎡)
全面修繕
1回目
平場部分 パラテックスAP-UR工法 13,000
立上り、架台天端等 パラテックスC-UR工法 9,500
全面修繕
2回目以降
平場部分 パラテックスC-UR工法 9,500
立上り、架台天端等 パラテックスC-UR工法 9,500
  脱気筒取り付け 価 格(円/箇所)
18,000
工法内容につきましてはカタログ「パラテックスAP-UR」をご参照ください。

※300㎡以上を基準とした材工共の価格です。
※下地の調査、下地処理は別途になります。
※脱気筒の取り付けは、50㎡~100㎡あたりに1箇所を目安とします。
※特殊な下地、形状、施工箇所および遠隔地の場合は別途見積もりとなります。
※足場、養生、仮設費用等は含まれておりません。
※総合元請業者(ゼネコン等)の諸経費は含まれておりません。
※消費税、法定福利費は含まれておりません。




パラテックスHK-UR工法

水性樹脂と無機質粉体から成る安全な防水材料〔パラテックス〕
居住者の生活に密接するバルコニーの防水工事に優れだ性能を発揮します。


パラテックスHK-UR工法の特長

1,防水性 防水層ゼロスパン伸び試験

水性材料のため溶剤臭などがなく、 居住者や施工者に優しい材料です。
有害化学物質を含まない環境配慮型防水工法です。

2,耐久性

柔軟性に優れているため下地の動きに追従し、漏水を防止します。

3.対応性

複雑で狭陰な施工箇所にも対応できます。
材料に適度な粘性があり、作業性が良好です。水性材料のため、湿潤下地でも施工ができます。

1,よく伸びる膜による優れた防水性

耐候性、耐摩耗性、耐汚染性などに優れています。



パラテックスHK-UR工法標準施工仕様

パラテックスHK-UR標準施工仕様

パラテックスHK-UR工法標準設計価格表

2019年4月現在

  価格(円/㎡)
全面修繕1回目 8,200
全面修繕2回目以降 6,400
工法内容につきましてはカタログ「パラテックスHK-UR」をご参照ください。

※300㎡以上を基準とした材工共の価格です。
※下地の調査、下地処理は別途になります。
※特殊な下地、形状、施工箇所および遠隔地の場合は別途見積もりとなります。
※足場、養生、仮設費用等は含まれておりません。
※総合元請業者(ゼネコン等)の諸経費は含まれておりません。
※消費税、法定福利費は含まれておりません。